電子ブレーカーへの交換で電気料金が安くなる

ブレーカーについて

家庭でも大きな施設でも、必ずといってよいほど見かけられるのが、ブレーカーです。

ブレーカーは電気を使う施設なら導入されているもので、電流を制御するために重要な存在になります。

ブレーカーには種類があり、契約した電力量を超える電気が使われたときに反応して、電流を遮断する作用を持つものと、漏電が発覚した際に、直ちに電気の流れを止めるもの、それぞれの場所に電気を送る際に使われる回路ごとに設置されているブレーカーの3つです。

電気を使っていると突然ブレーカーが落ちるのは、これらの機能が発揮されているからです。

電気を無駄に使ってしまうのを防ぐ、安全を確保するために必要なブレーカーですが、最近では電子ブレーカーという新しいブレーカーが登場しています。

これは従来のブレーカーとは違って、本体に設定されている容量を超えるような電力量が発生しても、安全基準範囲内まで安全に、最大限に使えるよう制御できるようになります。

本来であれば安全を確保するために落ちるはずのものが、落ちなくなると本当に安全に利用できるのか不安になります。

しかし、信頼できるメーカーの電子ブレーカーを利用すれば、国の安全基準を満たした製造を行っていますし、電力会社の検査もクリアしていますので、問題なく使い続けることができます。

安全基準を満たしているわけですから、違法になる恐れもありません。

アンペア契約について

電気料金は電力会社が定める基準に従って、最適なものを選ぶようにしますが、適したものを選ばなければ無駄に電気料金が高くなったり、十分に電気を使えない事態になります。

電気料金の節約ポイントになるのがアンペアです。

アンペア契約において、少ないアンペアを選ぶことによって電気料金を安く抑えることが可能です。

しかし、少ないアンペアにすると使える電力量も少なく制限されてしまうため、使い勝手が悪くなります。

また、従来型のブレーカーのままでアンペア数の低い契約を結んでも、削減効果が期待できないこともあります。

制御する性能に問題があることから、あまり節約効果が望めなかったり、逆に電気料金が高くなることもあり得ます。

電子ブレーカーは従来型のブレーカーとは違い、制御する能力が高い特徴を持っています。

電気が流れる時間を正確に測定する力を持つ、CPUを内蔵しています。
正確に電流をはかれますから、効率よく電気料金の節約効果が発揮されるのがメリットです。

この電子ブレーカーを作っているメーカーは国内にいくつかありますが、業界一の販売実績を持つのが、株式会社ネオコーポレーションです。

参考:http://satokou-unit.com/

大阪府大阪市に本社を構えています。

その販売実績は平成29年8月現在において、累計13万台を突破したほどです。

提供している製品はネオコントロールシステムのN-EBシリーズです。

平成16年から販売を開始した製品で、10年を軽く超えるロングセラー商品として多くの支持を集めています。

N-EBシリーズは様々な業種から依頼を受けた実績があり、大手企業でも採用されています。

自社の営業力だけでなく、口コミで製品の評判が広がり、販売実績に繋がっていることも特徴的です。

電子ブレーカーのメリット

昔の大規模施設向けの電気料金は高く、負担の大きいものでした。

負荷設備契約による従来型の契約内容は設備の持つ電力の出力容量を基準としており、使っていない施設があってもその分の電気料金を支払う無駄がありました。

しかし、平成8年に導入された主開閉器契約が利用できるようになったおかげで、メインブレーカーのアンペア数に応じた電気料金の支払いが可能です。

一般家庭のような使い方ができるものの、従来型のブレーカーでは電流を制御する力が乏しいため、せっかく主開閉器契約を結んでもブレーカーが落ちるリスクが高いことから、契約アンペア数をなかなか下げにくいデメリットが生じます。

緻密に制御できる電子ブレーカーを利用すれば、この問題をクリアでき、主開閉器契約のメリットを活かしたアンペア契約ができるようになります。

N-EBシリーズは多くの支持を集めるほど性能の良いブレーカーで、調査結果を基に設置してくれますから、予定通りの電気コストの削減に繋げられます。

コスト削減の結果は電力会社の検針票を見れば、一目瞭然です。

電気料金が安くなると機械のパフォーマンスが下がるなどの問題が気になってきますが、N-EBシリーズに切り替えたからといってパフォーマンスが低下するようなことはありません。

従来通りに使い続けられますから、業務に支障をきたさずに済みます。

N-EBシリーズの保証期間は3年間です。

この間に何か発生しても、保証のおかげで費用を気にせずにトラブルの解決が可能です。

別にメンテナンス契約を結んでおけば、5年間の無償メンテナンスの権利が得られます。

導入コストがかからないのも魅力的です。

N-EBシリーズを設置することで得られた電気料金削減のメリットから、一部を支払う契約内容になっています。