中古物件の買取と販売を全国展開するマイランド

マイランドが確立させたビジネスモデル

通常、住宅などの不動産物件の売買は不動産会社が仲介することで、個人間において行われます。

仲介に入る不動産会社は物件の品質に関して責任を持つわけではなく、瑕疵担保責任は売主が負います。

これまでの仲介の方法は不動産会社が物件の品質に対してコミットしない方向が貫かれていました。

仲介により物件を購入した場合、購入者は自分でリフォーム等をする必要に迫られ、その手配に奔走することになります。

購入資金を借り入れる場合も、物件購入に関するローンとリフォームに関するローンの二つが必要となり、負担が増しました。

マイランドは従来の仲介方式ではなく、自社で買い取った物件をリフォームして販売するビジネスモデルを確立しました。

マイランドは住宅を売却したい人から直接物件を買い取ります。

一般の不動産会社では自社で買取をするケースもありましたが、資金力の大きな業者に限られ、一般的ではありませんでした。

中古物件を直接買い取って販売する手法はこれまでもありましたが、物件にフォームを施して品質を管理し、責任を持って販売する手法はこれまで見られませんでした。

買い取りも全ての物件を買い取るのではなく、厳格なチェックにより高い品質が確認された物件だけが対象となります。

そのために新たな購入者は安心して物件を購入することが可能です。

買取で注意してチェックしている耐震性

マイランドが買取で注意するチェック項目に耐震性があります。

既存住宅購入者を対象としたアンケートによると、購入者の多くは物件の耐震性を気にしています。

住宅の耐震性は専門家以外では良し悪しを判断するのが難しい場合がほとんどです。

専門家物件の買取時に耐震性をチェックすることで、購入者は物件の価値の中でも大きな要素となる耐震性に関して安心できます。

マンションなどの鉄筋コンクリート造の建物は、1981年6月に施行された新耐震設計基準によっています。

新耐震設計基準で建てられた建物は、その後の大地震でも大きな被害がほとんど報告されていません。

鉄筋コンクリート造と比較して、木造の耐震性は簡単に判断できないものです。

木造建築も1981年6月以降に建築確認申請を取得した物件に関しては新たな基準が適用されています。

それ以前は筋違い等を設置した耐震壁の量だけが規定されていましたが、新たな基準では耐震壁のバランスも考慮されています。

偏った耐震壁の設置はできなくなり、より耐震性が高められました。

木造建築はさらに、2000年にかけて補強金物関係の基準が整備され、現行基準となっています。

木造建築の耐震性は2000年以降に新たな基準で建てられた物に関して、現行建物の耐震性が確保されているといえます。

マイランドでは新築物件ではなく、中古物件に絞った販売を行っています。

日本では従来、住宅は新築するもので、中古物件の取引は盛んではありませんでした。

しかし、世帯数よりも住戸の数が多くなった現在においては、これまでのように新築住宅を建てるのは社会的に無駄なことです。

住宅建築の品質は年々向上しているので、かなり長い期間住むことができる品質となっています。

中古物件の取引を活性化することは資源の有効活用の点から推奨されるべきものです。

消費者の視点から見ても、購入価格の高い新築住宅よりも中古住宅のほうが求めやすく、特にお金持ちでなくても住宅の取得が可能となるメリットがあります。

買取の時点で物件の価値をチェックしている

マイランドは買取の時点で物件の価値をチェックします。

その内容は耐震性に留まらず、有害なアスベストの有無が内装材や外装材に使われていないかどうかや、外壁のひび割れ、水回りの状況を確認します。

さらに、建築基準法に適合した物件であるかどうかや近隣の環境に問題が無いかどうかもチェックされるので、新たな購入者は安心して中古物件を求めることができます。

中古物件をチェックするのは全国各地で採用された不動産のプロです。

現地採用の社員はそれぞれの地域の事情に詳しく、物件の状況を正確に把握できます。

他の地域から来た社員ではなく、現地採用の社員によるチェックは地域の実情を反映したものとなります。

マイランドにはリフォームを担当する部署があり、協力会社と共にリフォームを行ってから物件を販売します。

従来の仲介による中古物件の取引では、リフォームは売主が行う場合と買主が行う場合もありました。

残念なことに売主も買主も建築や不動産の専門家では無いので、的確なリフォームがなされないのが一般的でした。

リフォームは専門家が行うことにより、より的確な工事が可能となります。

特に水廻りは重要で、浴室やキッチン、洗面とトイレの設備機器を入れ替えるだけで、まったく新しい感じのする住宅ができあがります。

購入後のサポートも充実しています。

売りっぱなしでは無く、細かなところまで行き届いたサポートがなされるので、安心して住むことができます。

すみ始めてからのトラブルにも対応してくれる点は、新築住宅と変わりはありません。

従来の中古物件の概念を一新した販売方法により、消費者は新たな可能性を手に入れることができます。