ゼノン住販曰く不動産投資をするのはなぜか

サラリーマン向けの投資も人気

将来の社会保障に関して不安なことは少なくなく、実際には年金がもらえる時期が先送りになる可能性も考えられます。
そのため、少しでも自分の将来を守るために不動産投資に手を出す人がいます。

お金がないのに不動産を所有することが無理だと考えている人は少なくないでしょう。
しかし、サラリーマン向けの投資も存在しており、現役世代でありながらも不動産投資をしている人が今は増えていると専門会社のゼノン住販は語っています。

イメージとしては、土地を売買して差額で利益を得る方法があるかもしれません。
東京オリンピックや大都市圏に人が集まることから、土地の価格や物件その物の価値が高くなるのは不思議なことではないでしょう。
しかし、単価自体が数千万円から数億円に及ぶため現実的ではありません。

では、マンションの一室という考えならどうでしょうか。
この部屋をローンを組み購入し、他人に貸しつつ家賃収入を得て、そのお金を返済に充てていくという方法ならば現実的ではないでしょうか。
特に、単身世帯の場合はファミリー向けよりも、物件が安く入居者の回転率もいいことから人気を集めているようです。

ゼノン住販曰く、不動産投資は立地条件が大切

また、駅に近い立地条件や、コンビニエンスストア、スーパー、薬局が徒歩圏内にあることも重要な要素と言えます。
単身者の場合は結婚することで引っ越しをしたり、単身赴任の時期だけ住むなどファミリー向けよりも回転率が高いです。

更新時期のタイミングで引っ越すケースもあり、その度に礼金を得ることができれば、家賃収入を返済に充て礼金分は、自分の生活費に回すことが可能になります。

結果的には、不動産を所有していながらも自分の生活費からお金を捻出することなく不動産を所有し続け、ローンの完済後は、家賃収入がそのまま自分の懐に入ってくるという流れができるのです。

是が非でも入居者を確保する必要がある

ただ一点気をつける点として、入居者がいない場合は収入が入ってこないことかもしれません。
こういうケースを避けるために、なるべく多くの部屋の購入をお勧めします。
リスク分散という意味合いがあり、不動産に関わらず株や先物取引など多くの場面で使われている手法です。

晩婚化が進んでおり、単身者の割合がファミリー層よりも増えているのが実情です。
外国人労働者の受け入れもあり、ますます単身用の物件が利用されるようになるでしょう。
利便性や安全性に重点を置き、住民トラブルにも対応をしてくれる管理会社の物件を選定した上で、ゼノン住販などで不動産投資をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

出典元:ゼノン住販