どろんこ会の人間力を養う教育について

どろんこ会とは?

どろんこ会では、子どもたちの人間力を養うための教育を中心に活動しているところが特徴的です。
特に最近の子供達は、家の中でスマートフォンでゲームをプレイしたり、パソコンで動画を見たりするなどして家にいることが多く、成長のために必要な筋力や社交力などの人間として必要な力がつかないまま社会にでてしまい、その結果、早期退職などをしてしまうことが多いです。

このような事が起こらないようにどろんこ会では社交力や体力などの人間が生きていく上で必要な力を幼少のころから養うための教育を徹底的に行なっています。

具体的には、動物の飼育をしたり、近所の農家の方と触れ合って田植えや農作業をするなどを行います。
誰かとすれ違うときにも必ず挨拶をするなど、人として備わっていなければならない当たり前のことを中心に基礎からしっかり教育するので、どろんこ会を卒業した子供は社交性が高く、良好な人間関係を築くことが可能です。

もちろん、子どもたちの保護者もしっかり教育の現場で子供の教育として相応しいものはどのようなものなのかを学びます。
ただ単に、子供を上から目線で命令しているようでは、言うことは聞きません。

だからこそ子供の目線で物事を考えることができるように保護者も教育を行います。

園内ではヤギやニワトリなどを放し飼いに

また、園内ではヤギやニワトリなどを放し飼いにすることで、毎日動物の世話を行います。
これにより、自分よりも弱い動物をいたわることで、いじめのない世界を作ることが可能になるでしょう。

自分よりも弱い人たちには、しっかり手を差し伸べて、協力して生きていくことこそがこの世界のあるべき姿であり、それを子どもたちが中心となって行うことにより、誤った考え方を持っている大人たちを正すことが出来ます。

さらに、人間だけでなく、動物たちもいずれは死に至るときが来ます。
生きているものはいずれ死ぬという自然の摂理を幼少期から理解することで、この世界の常識を理解して、生があるこの瞬間の喜びを噛み締めて、生きていくことができるのです。

毎日の食事でも同様に、皆で一緒になっていただきますと言って、自分が生きるために死んでしまった牛や魚、豚や鶏などに感謝と供養を捧げることで、自分以外の人たちや動物たちへのありがたみを持つことができるでしょう。

毎日の規則正しい生活

また、どろんこ会では、毎日規則正しい生活をすることを心がけています。
規則正しい生活を行うことこそが、人間として社会にでて生きていくために重要なことであり、幼少期からズボラな生活をしていてしまっては、学校を休みがちになってしまったり、引きこもりになってしまったりしてしまうのです。

このような状態を回避するためにも、幼少期の生活というものは、今後の将来に影響すると行っても過言ではなく、幼少期に規則正しい生活を出来た子どもたちが社会で十分に働くことができるようになるでしょう。

もっとも、規則正しい生活や、礼儀正しい態度を取ったとしても、生きる上では自分自身の体力が基盤とならなければ、行動を起こすことは難しいです。

よってどろんこ会では、子どもたちの体力を鍛えるように、常に裸足で生活することにしています。
裸足で生活することにより、地面の感触を得るとともに歩きやすくなり、活発的な子供になります。

それだけでなく、子供が外で遊ぶときも、ブランコや地球儀などの遊具を使うのではなく、どのように遊んだら楽しめるのかを考えながら、子どもたちが主役となって木材を加工して、自分で遊具を作ります。

どろんこ会の教育理論

子供が何か間違いを犯してしまった場合は、大人目線から怒鳴りつけるのではなく、なぜこのようなことになってしまったのかを子どもたちに問いかけます。
自分で自分の感情を理解して生きることこそが自己の人格を形成するために重要なことだからです。

自分の行動がなぜ間違っているのか、それを深く考えることにより、論理的な思考力も鍛えることが出来ます。
この論理的な思考力は今後小学校や中学校に入学する際に重要なことで、論理を根本から考えることにより、授業の吸収も早くなります。

そのためどろんこ会を卒業した子どもたちが中学生や高校生になった頃には非常に高い成績を手に入れることが可能なのです。

さらに、間違いを犯してしまったからといって単純に怒鳴る教育をしてしまっては子供はだんだん萎縮してしまい、内向的になってしまいます。
内向的な性格がさらにひどくなってしまうと、引きこもりやうつ病になってしまう可能性が高くなるでしょう。

萎縮して、内向的な性格にならないように、小さいころから子供を怒鳴って叱りつけるのではなく、なぜこうなってしまったのかをしっかり考えることが重要なのです。

このように、子供の教育は保護者だけでは簡単に務まるものではありません。
子供の教育を行うのは地域の人たちや他の子供も重要なので、そのような環境の整備を行っていかなければならないのです。
環境の整備を行うためにも、この会に子供を預けましょう。

 

出典元

1.どろんこ会グループ(メリーポピンズ)の求人なら【保育のお仕事】