アトックスの事業はもっと注目されるべき

◆原子力発電所保守管理を行っているアトックス

アトックスの事業はもっと注目されるべきです。

というのは、これからの原子力は真剣に考えるという事をしなければならないからで、メンテナンスは常に考えておく必要があるからです。

原子力発電は既に運用されているモノで、将来的に無くしていくという考え方はあったとしても、今稼働しているものや今あるものは常にメンテナンスをしていかなければなりません。

そして、無くすにしても存続して使い続けるという事を考えてもどちらにしてもその為の方法が確立するまでは必ずメンテナンスというものが必要になり、その需要生というのは稼働させている、いないに関わらず極めて大切な事になるという事があるからです。

このアトックスの事業は原子力発電所保守管理などの事業をしているので、こうしたことはもっと注目されなければならないと言ってもいいでしょう。

特に福島第一原子力発電所の廃止措置プロジェクトなどはこれによって日本がどう変わるのかという事が決まってしまうというような事も考えられるわけですから、この事業次第で原子力発電の方向性が出てくる事になるかもしれないのです。

安全に無事故で廃止できるかどうかも分からない極めて困難な事業をしているわけですから、当然注目されてしかるべきということが言えるはず。

◆原発問題は冷静に考えるべき

人はとかく感情的に流されてしまうところがあり、冷静に物を考える事が出来ないという事があります。

原発事故の様な事が起きるともう拒絶反応が出てしまって原発の事は考えたくないというような事を考えてしまうような事もあるわけですが、そのような事になれば、全く日本が稼働しなくなるという事も知っておく必要があります。

人の暮らしに電力というのは欠かすことが出来ません。

だからこそ、電力事業というのは国の基幹事業として国が責任を持って行ってきたという事があったわけですが、震災によってその管理はまだまだ甘かったという事が分かったわけで、これを考えないというようにするのではなく、以前よりも考えなければならないという事のはずなのです。

アトックスのような会社が事業として、こうした原発の廃止などの事業を進めてくれるということに関してはもっと多くの人が注目をして、応援したり、場合によっては監視をするというような事もしなければなりません。

理由は極めてデリケートな分野の話になるからで、これが上手くいきませんでしたでは全く意味をなさないという事になるからです。

かといって、必ず上手くいくという事が補償されているような事ではありませんから、これを注視して応援するというような事もしなければならないという事です。

◆本当に原発のリスクは高いのか?

先には北海道が大きな地震に見舞われて、対規模な範囲で電力が喪失するという事が起きました。

これは地震の為ですが、泊原発という発電所を停止していたからという事も指摘されています。

これが夏場の地震だったので、まだ被害も少なかったということになるのでしょうが、これがもし冬に起きていたらという事を考えると、とんでもない状態になっているという事が分かるはずです。

今回でさえ死者で出ているぐらいの状態なのですから、冬場で今回のような大規模停電に見舞われるような事があれば、それで北海道は壊滅的な被害を受けたというような事も予想されるぐらいの事でした。

このような状態を考えれば泊原発の再稼働も考えなければならないという事もあるかもしれません。

地震は今も起きていますし、今年の冬も起きるかもしれません。

そのような状態で冬を迎えるという事がどれだけ怖いのかという事を考える必要があるはずです。

人は怖い事を考えたくないというのが本質的な傾向としてありますが、それだと震災などの天災に備える事にはなりません。

原発を無くして全くリスクが無くなったかのように考えるのはあまりにも浅はかで、逆に別のリスクを上げている事に過ぎないという事が今回の地震で学ぶ必要があるという事でしょう。

震災はいつ来るか分からないわけですから、電力事業がその事を想定していないなどあり得ないわけで、こうしたアトックスの事業を見習って、原発を管理しつつ最適な状態なのかどうかを考えるという事をしなければなりません。

断定でこのような事を言うのは、既に大きな危険が目の前にあるという事が明確に今回の地震で証明されているわけですから、それに備えるのは当然の事です。

今回の地震はそのよい教訓となったといって良いかも知れません。物事は理想論では動かないのです。

既に電力が北海道は不足しているという事が明らかになり、その備えがない事が分かったわけですから、これを機に天才に備えるという事を考えなければなりません。

原発がリスクが高いというのであれば、アトックスのような会社を活用して、そのリスクを管理するというような事を考える事が必要なわけです。

既に原発は目の前にあるわけですから、これを無視しても何の意味も無いばかりか何の解決にもならないのです。