過払い請求と過払い金の返還請求手続き

過払い請求の過払い金はグレーゾーン金利と呼ばれるものであり、過払金は返してもらうことができる、払い過ぎたお金や利息のことです。

ですから過払い金返還請求を、正式に行うことが大切です。

過払い金と言われるグレーゾーン金利は、クレジット会社や消費者金融、それに大手のデパートカードといた貸金業者が、決められている利息制限法の上限を超えて、そのまま取り続けていた利息です。

1000万人以上の国内の日本人は、実は知らないうちに取られていて、それが払い過ぎた利息になります。

専業主婦のように収入が少ない人や、借り入れを複数にしている人などだと、借りた分の利息だけでも返済が大変です。

利息を払うための返済のようにもなっていたりして、元金がなかなか返しきれないケースはあります。

すでに複数の消費者金融より、お金を借りている人であれば、早めに相談をする必要は出てきます。

日本人のキャッシング利用者というのは、すでに1400万人以上になります。

この数字をもっと細かく見ると、日本人の労働者では、実に5人に1人の割合でキャッシングを利用していることになります。

短に感じられて手軽にお金が借りられるのがキャッシングですが、お金を借りた利用者は、消費者金融などの貸金業者へ、その分の利息を払う必要性が出てきます。

日本には利息制限法があるため、総額10万円から100万円未満のお金を借りた時には、利息は18%以上は取れない定めが法律であります。

ですが消費者金融などの賃金業者は、法律には従わずに、利息を18%以上でとっていたのです。

やがて裁判となり最高裁判所より、消費者金融などの貸金業者は、利息制限法での過払い金は、お金を借りた利用者に返還するように判決を出したのです。

こうした法律があるので、消費者金融より高金利の請求があって返済したキャッシングの利用者は、払いすぎていた利息を取り戻すため、過払い金返還請求手続きをすることができます。

⇒過払い請求 川崎