発電機などの建設機械レンタルについて

一般的にレンタルと言えば、DVDであったり、レンタカーであったり、時にはベビーカーという場合が多いのではないでしょうか。

その中で建設機械レンタルというのはなかなか聞き慣れないレンタルなのではないでしょうか。

実は建設機械レンタルというのはレンタル市場全体の売上の半分程度を占めているレンタルなのです。

それだけでなく、建設現場で使用されている機械の6割程度がレンタルによって賄われているのです。

大手の建設会社になるとレンタルの割合はさらに高くなります。

このように建設機械レンタルというのはニーズの高いレンタルなのです。

ではどうしてこのような機械はレンタルの需要が高くなるのでしょうか。

それはそもそもこのような機械を自前で保有すると想定した場合、維持費が高くなるからです。

具体的には、機械の購入費やメンテナンス費のみならず、機械を置いておく土地代やその維持費などの費用がかかってしまいます。

そこで建設機械レンタルによりすでにメンテナンスも行われて、すぐに使える状態の機械を調達し、作業が終わったら機械を返却し、レンタル会社に機械のメンテナンスをしてもらいます。

日本の建設現場はこのようなレンタルによって支えられてきたのです。

→発電機レンタルなら金子機械株式会社

レンタルのメリットは良い状態の機械を調達できることだけではありません。

必要な時に必要な機械を建設現場に配置できるからこそ機械をレンタルする建設会社は維持費を削減することができるのです。

ちなみにリースは通常年単位の契約となっており、途中で解約すると違約金が発生します。

しかもメンテナンスは借りる側が責任を持って行うのが一般的です。

建設機械レンタル会社ではメンテナンスを自社で行い、次のレンタル先に回していきます。

返却された機械をなるべく早くメンテナンスを行うことで機械の稼働率を高めていきます。

そのためにはメンテナンスのみならず、機械自体もニーズのあるものを揃えていったり、最新のものでも信頼性が高ければ逐一導入していくことで建設会社の需要に応えているのです。