東進ハイスクールの予備校の歴史と人気の理由

東進ハイスクールの歴史と特徴

テレビのコマーシャルで全国的に地名度が広まり、今でしょのセリフで予備校講師のみならずテレビ番組の司会などで活躍する講師まで擁する東進ハイスクールは、株式会社ナガセによって運営されている東京都武蔵野市の吉祥寺に本拠地を持つ大学受験の予備校です。

特に現役生の合格に強いという特徴を売りにしており、基本的には現役生の受験対策という点に集中して取り組んでいる予備校であり、浪人生も幅広く集める他の予備校とは差別化を図っていますが、浪人生の受け入れもまったく行っていないわけではなく、浪人生向けの本科コースというものを新宿などの校舎において対応しており、取り扱っている校舎は少ないものの浪人生も東進ハイスクールで学ぶことが可能となっています。

この東進ハイスクールの起源は1971年に始まり、アパートの一室で始めた進学教室です。

これは現在の社長が東京大学在学中に自分で始めた進学教室でその後業務を拡大していくなかで株式会社を設立し、進学教室の運営を行うようになりました。

現在は株式会社方式で塾を運営するのは珍しいことではありませんが、当時は学校関係法令に従い各種学校という位置づけで行うものが多かったため珍しい組織形態でした。

さらに業務を拡大し、大学入試に焦点を絞って営業を行っていく中で1980年代後半くらいから各有名予備校の有名講師の引き抜きを行い、講師陣の充実を図ってきました。

それと同時に当時はまだ大学全入学時代ではなく、浪人生が多数存在してマーケットとして浪人生の需要が多大にある中において現役生中心という営業形態にシフトチェンジしてきたのです。

そして、授業の形態も、当時の大手予備校であったようなライブ授業ではなくビデオオンデマンドなどの配信方式で授業を行うこととしました。

東進ハイスクールの人気の理由

このようなビデオ授業であれば、地理的な場所は問わず、授業を聴いて、疑問に思ったことを質問できる社員やチューターがいれば講義として成り立つことからビデオを視聴するのと質疑を行うスペースだけが存在するサテライトとよばれる学習スペースを全国に展開していくことが可能です。 「東進衛星予備校MSG」より一部抜粋

ですので、東進は本拠地がある関東圏内だけでなく、地方都市にもサテライトオフィスを多く設置し、ビデオ授業で受講するという形で全国展開していきました。

この中には株式会社ナガセが直営で行うものもありましたが、現地の進学塾等と提携し、ビデオ授業を流すのと引き換えに場所と質問に答える人を提供するといったような形で行うものもあり、授業そのものは有名講師が行うものを視聴するものの、その通っているスペースは現地の塾といった形態も見受けられたのです。

しかし、授業の質といった点について特に重点的に力を入れていった結果、このような営業形態でも受験生が離れることなく、むしろ現役生が自分の時間の調整がつく範囲で受講できるという点で人気を呼びました。

その結果、2018年の現役合格者数においては、東京大学の現役合格者数で東進ハイスクールを活用した者は725名で、合格者のうち2.9人に1人がこのハイスクールを活用しているという実績となり、また、旧帝国大学と東京工業大学及び一橋大学の現役合格者については3,266名という数値となっており、毎年その合格者数を伸ばすという勢いを見せている状況にあります。

しかも、他の塾等で行いがちな合格者数に模試のみ活用した者を加えるというような水増しにもにた対応は一切行わず、純粋にハイスクールの授業を活用して学習を継続し、合格した者だけを計上しているという数字なのでその人数に水増しはなく事実に近い合格実績ということがいえるのです。

東進のカリキュラムの強み

では、このような合格実績をたたき出すこのハイスクールの授業のカリキュラムはどうなっているのかというと、まずそもそも志望校はどこなのかということを明確にします。

なぜなら、現在置かれている学力と志望校で求められている学力との差が何なのかを明確にする必要があるからです。

各大学ごとに求める人材が異なり、求める能力が異なることからすると当然のことを最初に行います。

そして、その志望校が明確化されるとその学校に合格するための勉強法などについて担任等から指導を受けることとなるのです。

ここでは100万人を超える指導経験と膨大なデータベースを活用することにより、どのような勉強を行っていけば志望校合格に必要な学力がのびるのかをはっきりさせます。

やみくもに暗記したり、計算したりというのではなくあくまで合格のために必要なことという観点でしぼりこんだ対策を示してくれるのです。

そしてこのような中で自分が合格するために必要な授業についてビデオ視聴により学んでいくとともに、その学習成果を模試などで確認するとともに、担任の指導を受けることにより効率的な学習が行われて効果が出ているか、無駄で非効率なことを行っていないかなどをチェックしてもらい、最短ルートで合格に向かって走っていくのというのが東進のカリキュラムの強みとなっています。

アトックスの事業はもっと注目されるべき

◆原子力発電所保守管理を行っているアトックス

アトックスの事業はもっと注目されるべきです。

というのは、これからの原子力は真剣に考えるという事をしなければならないからで、メンテナンスは常に考えておく必要があるからです。

原子力発電は既に運用されているモノで、将来的に無くしていくという考え方はあったとしても、今稼働しているものや今あるものは常にメンテナンスをしていかなければなりません。

そして、無くすにしても存続して使い続けるという事を考えてもどちらにしてもその為の方法が確立するまでは必ずメンテナンスというものが必要になり、その需要生というのは稼働させている、いないに関わらず極めて大切な事になるという事があるからです。

このアトックスの事業は原子力発電所保守管理などの事業をしているので、こうしたことはもっと注目されなければならないと言ってもいいでしょう。

特に福島第一原子力発電所の廃止措置プロジェクトなどはこれによって日本がどう変わるのかという事が決まってしまうというような事も考えられるわけですから、この事業次第で原子力発電の方向性が出てくる事になるかもしれないのです。

安全に無事故で廃止できるかどうかも分からない極めて困難な事業をしているわけですから、当然注目されてしかるべきということが言えるはず。

◆原発問題は冷静に考えるべき

人はとかく感情的に流されてしまうところがあり、冷静に物を考える事が出来ないという事があります。

原発事故の様な事が起きるともう拒絶反応が出てしまって原発の事は考えたくないというような事を考えてしまうような事もあるわけですが、そのような事になれば、全く日本が稼働しなくなるという事も知っておく必要があります。

人の暮らしに電力というのは欠かすことが出来ません。

だからこそ、電力事業というのは国の基幹事業として国が責任を持って行ってきたという事があったわけですが、震災によってその管理はまだまだ甘かったという事が分かったわけで、これを考えないというようにするのではなく、以前よりも考えなければならないという事のはずなのです。

アトックスのような会社が事業として、こうした原発の廃止などの事業を進めてくれるということに関してはもっと多くの人が注目をして、応援したり、場合によっては監視をするというような事もしなければなりません。

理由は極めてデリケートな分野の話になるからで、これが上手くいきませんでしたでは全く意味をなさないという事になるからです。

かといって、必ず上手くいくという事が補償されているような事ではありませんから、これを注視して応援するというような事もしなければならないという事です。

◆本当に原発のリスクは高いのか?

先には北海道が大きな地震に見舞われて、対規模な範囲で電力が喪失するという事が起きました。

これは地震の為ですが、泊原発という発電所を停止していたからという事も指摘されています。

これが夏場の地震だったので、まだ被害も少なかったということになるのでしょうが、これがもし冬に起きていたらという事を考えると、とんでもない状態になっているという事が分かるはずです。

今回でさえ死者で出ているぐらいの状態なのですから、冬場で今回のような大規模停電に見舞われるような事があれば、それで北海道は壊滅的な被害を受けたというような事も予想されるぐらいの事でした。

このような状態を考えれば泊原発の再稼働も考えなければならないという事もあるかもしれません。

地震は今も起きていますし、今年の冬も起きるかもしれません。

そのような状態で冬を迎えるという事がどれだけ怖いのかという事を考える必要があるはずです。

人は怖い事を考えたくないというのが本質的な傾向としてありますが、それだと震災などの天災に備える事にはなりません。

原発を無くして全くリスクが無くなったかのように考えるのはあまりにも浅はかで、逆に別のリスクを上げている事に過ぎないという事が今回の地震で学ぶ必要があるという事でしょう。

震災はいつ来るか分からないわけですから、電力事業がその事を想定していないなどあり得ないわけで、こうしたアトックスの事業を見習って、原発を管理しつつ最適な状態なのかどうかを考えるという事をしなければなりません。

断定でこのような事を言うのは、既に大きな危険が目の前にあるという事が明確に今回の地震で証明されているわけですから、それに備えるのは当然の事です。

今回の地震はそのよい教訓となったといって良いかも知れません。物事は理想論では動かないのです。

既に電力が北海道は不足しているという事が明らかになり、その備えがない事が分かったわけですから、これを機に天才に備えるという事を考えなければなりません。

原発がリスクが高いというのであれば、アトックスのような会社を活用して、そのリスクを管理するというような事を考える事が必要なわけです。

既に原発は目の前にあるわけですから、これを無視しても何の意味も無いばかりか何の解決にもならないのです。

プロ野球の投手たちの役割と努力

山本昌投手のような偉大なピッチャー

日本では野球は国民的スポーツとして多くの人に親しまれています。
メジャーリーグと同様、日本のプロ野球は歴史も長く、身近なスポーツとして常に大勢のファンを獲得してきました。

そんな中で投手とは、野球をする上で非常に重要な役割を占めるポジションです。
試合中に何度もプレーが止まるのが野球の特徴ですが、彼らがボールを投げなければ次のプレーは始まりません。

重要であるからこそ、彼らの調子が勝敗に密接に結びついてくるのです。
プロにおいてもアマチュアにおいても、試合の結果に直結するポジションとされいています。

試合での勝利を求められるプロ野球では特に、その力量が重要視されます。
日本ではこれまでも多くの優秀な投手を輩出してきました。

戦前では沢村栄治、川上哲治といった偉大な人物の活躍は今でも語り継がれています。
戦後プロ野球はますますの盛り上がりを見せ、金田正一、村山実、江夏豊など、多くの名だたる名投手が誕生しました。

その存在は怪物、投げるボールは魔球などと呼ばれ、多くの打者を苦しめ、また観衆を大いに沸かせました。
戦後の野球の発展に大きく貢献したのです。

その後平成の時代に入り、日本で名を上げ、メジャーリーグに挑戦するということも増えてきました。
彼らの海外での活躍を心待ちにしているファンも大勢いることでしょう。

忘れてはならないのが元中日ドラゴンズの山本昌投手です。
50歳まで現役を続け、スローカーブ、スライダーでバッターを打ち取る山本昌投手のその姿に感動した人も多いのではないでしょうか。

プロフィール | 山本昌オフィシャルウェブサイト【公式ホームページ】

ピッチャーの役割は勝ち星を上げること

しかしそれでも、海外にしても日本にしてもその役割はどんな時も変わりはありません。
勝ち星をあげる、ということです。

自分に白星がつくということは、試合に勝利した、ということに相違ありませんが、チームが勝った場合でも、勝ち星がつかないことはあります。

例えばある試合で先発登板したとします。
相手の打者に打たれ、自分のチームが負けている状態で降板することになった場合、これはもともと勝ち星の権利を持たずにマウンドを降りたということになります。

その後チームが逆転し、試合そのものに勝利したとしても、勝ち星がつくのは継投した投手です。

逆に自分のチームが勝った状態で継投に入った時はどうでしょうか。
この場合、勝ち星の権利を持ったままマウンドを降りたことになります。

しかし後続が打たれ、同点にされた時点で先発の勝ち星の権利は消滅します。
その後最終的に味方が再び得点を取り試合に勝利した時は、相手より得点が上回った時点で登板していた投手に勝ち星がつくのです。

ただし、プロ野球では場面によって非常に細かい継投策を講じることがあり、チームの勝利に貢献したと判断されない場合があります。
その時は、後続を抑えた投手が勝ち星を得ることがあります。

5イニングを投げきらなければ勝ち星の権利を得られない

さらに責任イニングというシステムがあり、先発登板した場合に限り、5イニングを投げきらなければ自分のチームが得点で上回った状態でマウンドを降りても、勝ち星の権利を得られません。

怪我でのやむを得ない途中降板や危険球退場、監督判断での降板などがこれに該当します。
他にも細かい規定があり、さらに現在の球界の登板間隔や出場機会などを考えると、1勝するのはそう簡単なことではありません。

もちろんチームが勝利することを前提として登板するのですが、プロ野球に関してはやはり自分の勝ち星というものがとても重要になってきます。
生き残るのが難しいプロの世界において、その数字が個人の評価に繋がるからです。

年間10勝を越えることが目標としてよくあげられます。
「結果が全て」という言葉も決して言い過ぎではないでしょう。

そのために山本昌投手もそうですが、彼らはあらゆる努力をします。
これだけの人気スポーツになれば競技人口も多く、アマチュアの時点で非常にレベルが高いと言えます。

しかしプロに入り、打者のレベルも同じようにあがる中、長くプレーを続けるために様々な努力を強いられるのです。

山本昌投手も得意だったスライダーやフォークは比較的大きく変化する球種

ひとつは投球自体を磨くことでしょう。
直球の球速に加え、テレビ中継で見る1試合の中でも実に様々な変化球が投げられています。

現在プロで多く使われるスライダーやフォークは比較的大きく変化する球種です。
時には2種類のスライダーを持ち、別の曲がり方や変化の幅を変えることもあります。

他にもシュート、チェンジアップ、ツーシームなど、直球も含めてどのボールを軸に配給を組み立てるかは個人によって違います。
変化の大きな球種は三振をとりたい時などに使い、手元で小さく変化する球種は打ち損じをさせ、重殺を狙う時に使うなど、場面によっても投げ分けます。

プロ野球を観る時は球種とバッテリーの狙いに注目してみてください。
配球がわかれば、次に投げるボールがわかるようになるかも知れません。

そしてコントロールを磨くこともとても重要です。
プロの打者は甘い球を打ち損じる確率が非常に低いからです。

そのため自分の登板がない日でもほとんど毎日投げ込みやトレーニングをおこない、2軍で調整登板することもあります。
先発は基本的には5人ほどでローテーション登板をおこない、中継ぎ、抑えへと継投するスタイルが確立されています。

その中でエースやクローザーと呼ばれるまでになるには、とてつもない努力が必要なのです。
彼らが進化を続ける限り、野球自体も今後進化を続けていくでしょう。

東進衛星予備校の特徴や入学までの流れ

東進衛星予備校の特徴やメリット

東進衛星予備校は最近注目される度合いが高まってきています。

かつては予備校が神奈川県や愛知県といって特定の地域に限られていましたが、今では日本全国各地に校舎が多く建てられています。

ですので何処に住んでいても通いやすく、そのことが良い評判を得ているのです。

大学受験や高校受験で合格するために頑張っている生徒をサポートするために運営している学習塾で、受験に特化した色々な制度を用意しているのが特徴になります。

一般的な学力の大学入試に合格したい生徒だけではなく東大特進コースも用意されているため、自分の学力のレベルに合わせた勉強をすることが可能ですし、合格の可能性を大幅に高めることも可能です。

東京大学入試に合格することを望んでいる生徒にとって非常に役に立つコースであると言えます。

自分の要望に応じたコースを選ぶことが出来ることが、生徒を前向きにしてくれるという評判を得るきっかけとなっているのです。

そして東進衛星予備校ではスモールステップ・パーフェクトマスターと呼ばれる制度を採用していて、この制度によって自分のレベルを確実に向上させることが可能ですし、勉強したことをちゃんと習得しながら次のステップに進むことが出来ます。

また個別担任制度を取り入れているため、安心して勉強に励むことが可能です。

定期的に合格を目指すための個人指導面談も行っているため、通っている生徒にとっても、生徒の保護者にとってもメリットが大きいと言えます。

安心して我が子の学力を向上させるための学習を任せることが出来ることが保護者の評判に繋がっていると考えられるのです。

時間割制度やカリキュラムが充実しているので柔軟性のある設定が可能

時間割制度やカリキュラムが充実しているので柔軟性のある設定が可能なことも特徴となっていて、非常に利用しやすく、満足できる学習塾となっています。

講師の方たちも実力のある方ばかりで、テレビ番組やテレビコマーシャルで見かけるような講師の方も多いです。

自分が入学したい大学や高校に合格することを目指している生徒のための学習塾は日本全国各地に様々なところがありますが、東進衛星予備校はその中でもレベルが高い学習塾の1つになります。

今までに豊富な実績があるため、夢を実現させるための場としても非常に適していると言えるのです。

圧倒的な実績や認知度があり、日本全国各地で良い評判を得ている

他の学習塾と比較しても圧倒的な実績や認知度があり、日本全国各地で良い評判を得ています。

東進衛星予備校に入学することによって、より一層内容が充実した講座を受講できるだけではなく、学習に対するやる気もキープすることが可能なためおすすめです。

現役の高校生や中学生にとっても、この学習塾で受験に対策するための講義を受講することが、難関とされる大学や志望している大学に合格するための最も短い道のりであるということが認知されつつあります。

特にこの学習塾は、昔から現役高校生をメインにして、長い間実績を重ねてきているのです。

この実績は、人気がある一流の講師陣によって築き上げられています。

まず資料請求を行い、興味があるときには体験授業を受ける

まず東進衛星予備校(東進MSG)に入学するためには資料請求を行うのが良い方法です。

一般的には、まず届けられた資料に目を通して興味があるときには体験授業を受けるという流れになります。

また勉強にまつわるカウンセリングでアドバイスをして貰ったり、自分の学力に応じた勉強のプランを作ったりしてくれるのです。

そして模擬試験を受けて、今の時点の学力を測定し、その学力に適した学習プランが完成します。
東進MSG 評判より引用

次に体験授業を受講することになるのですが、この授業は無料で受けることが可能です。

前もって模擬試験を受けて自分の学力が分かっているため、無理しなくても理解できる授業を選ぶことが出来ます。

入学するかどうか決めるまでは、すでに受講している人やインターネットの口コミ情報などでの評判を判断基準にすることがありますが、それらの評判がどれぐらい自分に取って正しい情報なのかが、体験授業を受けることによって分かってくることになるのです。

体験授業を受講してみた結果として、感触が良いと感じることが出来たときには、実際に入学する流れとなります。

入学するために面倒な手続きをする必要は特にないため安心である

入学するために面倒な手続きをする必要は特にないため安心です。

公式に開設されたホームページから資料請求を行ったり、招待講習や無料体験講座、カウンセリングに申し込んだり、公開授業に参加したりすることが出来ます。

学習塾の中には前もって模擬試験を受けたり体験授業を無料で受けられない場合があります。

そうすると自分の学力では付いていけない授業内容だったり、あまり学力が向上する効果が実感できない授業を受けることになってしまう可能性が高くなってしまうのです。

そういったことを防ぐという意味でも東進衛星予備校では生徒のことを最優先に考えていますし、評判が良く入学を希望する生徒が多いというのも納得出来ます。

また体験授業を無料で受けたからといって、自分に合わないと感じた場合は必ず入学しなければならないという訳ではありません。

授業での雰囲気をしっかり確認してから入学するのが良い方法です。

どろんこ会の人間力を養う教育について

どろんこ会とは?

どろんこ会では、子どもたちの人間力を養うための教育を中心に活動しているところが特徴的です。
特に最近の子供達は、家の中でスマートフォンでゲームをプレイしたり、パソコンで動画を見たりするなどして家にいることが多く、成長のために必要な筋力や社交力などの人間として必要な力がつかないまま社会にでてしまい、その結果、早期退職などをしてしまうことが多いです。

このような事が起こらないようにどろんこ会では社交力や体力などの人間が生きていく上で必要な力を幼少のころから養うための教育を徹底的に行なっています。

具体的には、動物の飼育をしたり、近所の農家の方と触れ合って田植えや農作業をするなどを行います。
誰かとすれ違うときにも必ず挨拶をするなど、人として備わっていなければならない当たり前のことを中心に基礎からしっかり教育するので、どろんこ会を卒業した子供は社交性が高く、良好な人間関係を築くことが可能です。

もちろん、子どもたちの保護者もしっかり教育の現場で子供の教育として相応しいものはどのようなものなのかを学びます。
ただ単に、子供を上から目線で命令しているようでは、言うことは聞きません。

だからこそ子供の目線で物事を考えることができるように保護者も教育を行います。

園内ではヤギやニワトリなどを放し飼いに

また、園内ではヤギやニワトリなどを放し飼いにすることで、毎日動物の世話を行います。
これにより、自分よりも弱い動物をいたわることで、いじめのない世界を作ることが可能になるでしょう。

自分よりも弱い人たちには、しっかり手を差し伸べて、協力して生きていくことこそがこの世界のあるべき姿であり、それを子どもたちが中心となって行うことにより、誤った考え方を持っている大人たちを正すことが出来ます。

さらに、人間だけでなく、動物たちもいずれは死に至るときが来ます。
生きているものはいずれ死ぬという自然の摂理を幼少期から理解することで、この世界の常識を理解して、生があるこの瞬間の喜びを噛み締めて、生きていくことができるのです。

毎日の食事でも同様に、皆で一緒になっていただきますと言って、自分が生きるために死んでしまった牛や魚、豚や鶏などに感謝と供養を捧げることで、自分以外の人たちや動物たちへのありがたみを持つことができるでしょう。

毎日の規則正しい生活

また、どろんこ会では、毎日規則正しい生活をすることを心がけています。
規則正しい生活を行うことこそが、人間として社会にでて生きていくために重要なことであり、幼少期からズボラな生活をしていてしまっては、学校を休みがちになってしまったり、引きこもりになってしまったりしてしまうのです。

このような状態を回避するためにも、幼少期の生活というものは、今後の将来に影響すると行っても過言ではなく、幼少期に規則正しい生活を出来た子どもたちが社会で十分に働くことができるようになるでしょう。

もっとも、規則正しい生活や、礼儀正しい態度を取ったとしても、生きる上では自分自身の体力が基盤とならなければ、行動を起こすことは難しいです。

よってどろんこ会では、子どもたちの体力を鍛えるように、常に裸足で生活することにしています。
裸足で生活することにより、地面の感触を得るとともに歩きやすくなり、活発的な子供になります。

それだけでなく、子供が外で遊ぶときも、ブランコや地球儀などの遊具を使うのではなく、どのように遊んだら楽しめるのかを考えながら、子どもたちが主役となって木材を加工して、自分で遊具を作ります。

どろんこ会の教育理論

子供が何か間違いを犯してしまった場合は、大人目線から怒鳴りつけるのではなく、なぜこのようなことになってしまったのかを子どもたちに問いかけます。
自分で自分の感情を理解して生きることこそが自己の人格を形成するために重要なことだからです。

自分の行動がなぜ間違っているのか、それを深く考えることにより、論理的な思考力も鍛えることが出来ます。
この論理的な思考力は今後小学校や中学校に入学する際に重要なことで、論理を根本から考えることにより、授業の吸収も早くなります。

そのためどろんこ会を卒業した子どもたちが中学生や高校生になった頃には非常に高い成績を手に入れることが可能なのです。

さらに、間違いを犯してしまったからといって単純に怒鳴る教育をしてしまっては子供はだんだん萎縮してしまい、内向的になってしまいます。
内向的な性格がさらにひどくなってしまうと、引きこもりやうつ病になってしまう可能性が高くなるでしょう。

萎縮して、内向的な性格にならないように、小さいころから子供を怒鳴って叱りつけるのではなく、なぜこうなってしまったのかをしっかり考えることが重要なのです。

このように、子供の教育は保護者だけでは簡単に務まるものではありません。
子供の教育を行うのは地域の人たちや他の子供も重要なので、そのような環境の整備を行っていかなければならないのです。
環境の整備を行うためにも、この会に子供を預けましょう。

 

出典元

1.どろんこ会グループ(メリーポピンズ)の求人なら【保育のお仕事】

ゼノン住販曰く不動産投資をするのはなぜか

サラリーマン向けの投資も人気

将来の社会保障に関して不安なことは少なくなく、実際には年金がもらえる時期が先送りになる可能性も考えられます。
そのため、少しでも自分の将来を守るために不動産投資に手を出す人がいます。

お金がないのに不動産を所有することが無理だと考えている人は少なくないでしょう。
しかし、サラリーマン向けの投資も存在しており、現役世代でありながらも不動産投資をしている人が今は増えていると専門会社のゼノン住販は語っています。

イメージとしては、土地を売買して差額で利益を得る方法があるかもしれません。
東京オリンピックや大都市圏に人が集まることから、土地の価格や物件その物の価値が高くなるのは不思議なことではないでしょう。
しかし、単価自体が数千万円から数億円に及ぶため現実的ではありません。

では、マンションの一室という考えならどうでしょうか。
この部屋をローンを組み購入し、他人に貸しつつ家賃収入を得て、そのお金を返済に充てていくという方法ならば現実的ではないでしょうか。
特に、単身世帯の場合はファミリー向けよりも、物件が安く入居者の回転率もいいことから人気を集めているようです。

ゼノン住販曰く、不動産投資は立地条件が大切

また、駅に近い立地条件や、コンビニエンスストア、スーパー、薬局が徒歩圏内にあることも重要な要素と言えます。
単身者の場合は結婚することで引っ越しをしたり、単身赴任の時期だけ住むなどファミリー向けよりも回転率が高いです。

更新時期のタイミングで引っ越すケースもあり、その度に礼金を得ることができれば、家賃収入を返済に充て礼金分は、自分の生活費に回すことが可能になります。

結果的には、不動産を所有していながらも自分の生活費からお金を捻出することなく不動産を所有し続け、ローンの完済後は、家賃収入がそのまま自分の懐に入ってくるという流れができるのです。

是が非でも入居者を確保する必要がある

ただ一点気をつける点として、入居者がいない場合は収入が入ってこないことかもしれません。
こういうケースを避けるために、なるべく多くの部屋の購入をお勧めします。
リスク分散という意味合いがあり、不動産に関わらず株や先物取引など多くの場面で使われている手法です。

晩婚化が進んでおり、単身者の割合がファミリー層よりも増えているのが実情です。
外国人労働者の受け入れもあり、ますます単身用の物件が利用されるようになるでしょう。
利便性や安全性に重点を置き、住民トラブルにも対応をしてくれる管理会社の物件を選定した上で、ゼノン住販などで不動産投資をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

出典元:ゼノン住販