村上春樹のストイックな一面

大人気作家の村上春樹

村上春樹と言えば、国際的に知名度が高いので毎年ノーベル賞の候補として騒がれる作家です。

アメリカ文学の翻訳者としても有名になりました。

レイモンド・チャンドラーのサスペンス、ハードボイルドの翻訳などの作品は素晴らしい翻訳といえます。

ある意味象徴するのが翻訳の分野かもしれません。

大衆文学としてスラム街の天使のように書いている作風は作品にも共通するものがあります。

村上春樹の翻訳は、自由度が高いのでその分小説としても、読み応えがあるので愛好家は多いといえます。

私も、チャンドラーの作品などは、ひとつの作品として好きな作家として読むことができました。

小説は、各国で翻訳され世に出されています。

新作の「騎士団長殺し」はすでに韓国語、中国語の翻訳本が発売されていることは周知の事実です。

すでに出版された作品は、世界中のどの国に行っても知られていますし、各国語に翻訳されています。

そんな村上春樹の英語習得方法は、かなりストイックなことで知られています。

英語を読めるようになるためには英語を読むしかない。

わからなくても最後まで読みとおすと言うこだわりが見られます。

世界を見据える村上春樹

ただひたすら、求道者のように読み込んで、それを文章にしていくというストイックな姿のあらわれです。

フルマラソンによく挑戦するのはそういったストイックさが高じたものといえるのではないでしょうか。

心地よさが売り物の作風の背景に彼なりのこだわりが感じられるのは、こういった自分を追い詰める求道者の一面がみられるからかもしれません。

引用:村上豊彦

そんな文体がたまらなく好きな世代も高齢化していきます。

バブル最盛期の当時を懐かしみながら、作品を読んでいるのが現在の姿です。

世界各国で好まれている文体が、理解できるのが限られた年代になりつつあるのがさびしいことです。

村上春樹の文体が、若かりし頃の若者を駆り立てた姿のまま、人々の心を打つ存在であることを願うのがファンの気持ちにちがいありません。

最近の作風には、進化が見られ未来を見据えていることがわかります。

昔を懐かしむのでなく独自の世界を極めようとしている姿があります。

これからも新作を出し続けてほしいと思っています。

彼にとって目が向いているのは世界であることは間違いありません。

広く門戸を開放して作品を書き続けてほしいと思います。

ストイックさを前面に出して、いい作品を世にだしてくれると信じています。

ノーベル賞だけの存在にはなってほしくないです、これからもその才能をさらに磨き、翻訳に新作づくりに邁進してください。

昔の作品を読み返して見ると、それだけ味わいが滲み出てくるのを感じます。

中古物件の買取と販売を全国展開するマイランド

マイランドが確立させたビジネスモデル

通常、住宅などの不動産物件の売買は不動産会社が仲介することで、個人間において行われます。

仲介に入る不動産会社は物件の品質に関して責任を持つわけではなく、瑕疵担保責任は売主が負います。

これまでの仲介の方法は不動産会社が物件の品質に対してコミットしない方向が貫かれていました。

仲介により物件を購入した場合、購入者は自分でリフォーム等をする必要に迫られ、その手配に奔走することになります。

購入資金を借り入れる場合も、物件購入に関するローンとリフォームに関するローンの二つが必要となり、負担が増しました。

マイランドは従来の仲介方式ではなく、自社で買い取った物件をリフォームして販売するビジネスモデルを確立しました。

マイランドは住宅を売却したい人から直接物件を買い取ります。

一般の不動産会社では自社で買取をするケースもありましたが、資金力の大きな業者に限られ、一般的ではありませんでした。

中古物件を直接買い取って販売する手法はこれまでもありましたが、物件にフォームを施して品質を管理し、責任を持って販売する手法はこれまで見られませんでした。

買い取りも全ての物件を買い取るのではなく、厳格なチェックにより高い品質が確認された物件だけが対象となります。

そのために新たな購入者は安心して物件を購入することが可能です。

買取で注意してチェックしている耐震性

マイランドが買取で注意するチェック項目に耐震性があります。

既存住宅購入者を対象としたアンケートによると、購入者の多くは物件の耐震性を気にしています。

住宅の耐震性は専門家以外では良し悪しを判断するのが難しい場合がほとんどです。

専門家物件の買取時に耐震性をチェックすることで、購入者は物件の価値の中でも大きな要素となる耐震性に関して安心できます。

マンションなどの鉄筋コンクリート造の建物は、1981年6月に施行された新耐震設計基準によっています。

新耐震設計基準で建てられた建物は、その後の大地震でも大きな被害がほとんど報告されていません。

鉄筋コンクリート造と比較して、木造の耐震性は簡単に判断できないものです。

木造建築も1981年6月以降に建築確認申請を取得した物件に関しては新たな基準が適用されています。

それ以前は筋違い等を設置した耐震壁の量だけが規定されていましたが、新たな基準では耐震壁のバランスも考慮されています。

偏った耐震壁の設置はできなくなり、より耐震性が高められました。

木造建築はさらに、2000年にかけて補強金物関係の基準が整備され、現行基準となっています。

木造建築の耐震性は2000年以降に新たな基準で建てられた物に関して、現行建物の耐震性が確保されているといえます。

マイランドでは新築物件ではなく、中古物件に絞った販売を行っています。

日本では従来、住宅は新築するもので、中古物件の取引は盛んではありませんでした。

しかし、世帯数よりも住戸の数が多くなった現在においては、これまでのように新築住宅を建てるのは社会的に無駄なことです。

住宅建築の品質は年々向上しているので、かなり長い期間住むことができる品質となっています。

中古物件の取引を活性化することは資源の有効活用の点から推奨されるべきものです。

消費者の視点から見ても、購入価格の高い新築住宅よりも中古住宅のほうが求めやすく、特にお金持ちでなくても住宅の取得が可能となるメリットがあります。

買取の時点で物件の価値をチェックしている

マイランドは買取の時点で物件の価値をチェックします。

その内容は耐震性に留まらず、有害なアスベストの有無が内装材や外装材に使われていないかどうかや、外壁のひび割れ、水回りの状況を確認します。

さらに、建築基準法に適合した物件であるかどうかや近隣の環境に問題が無いかどうかもチェックされるので、新たな購入者は安心して中古物件を求めることができます。

中古物件をチェックするのは全国各地で採用された不動産のプロです。

現地採用の社員はそれぞれの地域の事情に詳しく、物件の状況を正確に把握できます。

他の地域から来た社員ではなく、現地採用の社員によるチェックは地域の実情を反映したものとなります。

マイランドにはリフォームを担当する部署があり、協力会社と共にリフォームを行ってから物件を販売します。

従来の仲介による中古物件の取引では、リフォームは売主が行う場合と買主が行う場合もありました。

残念なことに売主も買主も建築や不動産の専門家では無いので、的確なリフォームがなされないのが一般的でした。

リフォームは専門家が行うことにより、より的確な工事が可能となります。

特に水廻りは重要で、浴室やキッチン、洗面とトイレの設備機器を入れ替えるだけで、まったく新しい感じのする住宅ができあがります。

購入後のサポートも充実しています。

売りっぱなしでは無く、細かなところまで行き届いたサポートがなされるので、安心して住むことができます。

すみ始めてからのトラブルにも対応してくれる点は、新築住宅と変わりはありません。

従来の中古物件の概念を一新した販売方法により、消費者は新たな可能性を手に入れることができます。

住まいる共済で安心した生活を

住まいる共済について

自分の家族や家が、いつでも安心安全であってほしいと考えるのは当然ともいえます。

何か起こってしまっては遅いという事を念頭に置いて、しっかりと備えるという事が大切です。

では、どのように家を守ればいいのかという具体的な方法ですが、やはりきちんとした防災意識を持つという事と、家での対策を行う事がまず第一です。

そして住まいに何か起きた場合に、しっかりと立て直しができるという状況が作れるための備えを考えておくという事が大切です。

災害などが起こると、その後資金面で非常に苦しいという事をよく耳にします。

きちんと保障が得られるように対策を立てておくという事、そこにポイントを絞っておきましょう。

住まいる共済は、火災・風水害・地震からお家を守ってくれる保険です。

大きな災害というと、最近では地震や暴風雨というものがすぐに頭に浮かぶこととなりますが、そのような大きな被害をもたらす災害が来てしまったときに、しっかりと保障してくれるということで、安心感が得られると言えるでしょう。

災害が来てしまうと、人間というのはその大きな力になすすべもない状況に陥ります。

しかし、生活というのは続いていきますので、そこからいかにして立て直していくかという事がすぐに行動のポイントとなってくるわけです。

しっかりとした保障があれば、すぐに再建の道を進めるという事も考えられます。

もちろん、賃貸物件を利用しているという場合でも、住まいる共済に加入して備えることができますので安心です。

特約の種類もさまざま

また、特約もいろいろ用意されており、自分や家族が賠償責任を負った場合に保障がされる個人賠償責任共済やもあります。

自転車の事故など、賠償金額が非常に大きくなってしまう場合などもニュースで取り上げられることがありますが、しっかりと備えておくことで、日ごろからより注意を払うという事もできるようになるかもしれません。

住まいる共済は、値段がお手頃というイメージを持っている人も多いようですが、実際どのぐらいの金額になるのかをシュミレーションすることが出来ます。

全労済のホームページから住まいる共済の試算ができるので、加入する前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

気軽に、大まかな金額がわかるシュミレーションや、こまかな金額まで把握できるタイプのものなどもあります。

より保障を充実させたければ特約をプラスして、金額確認もすぐにできます。

まずはホームページを見ていることから始めましょう。

電子ブレーカーへの交換で電気料金が安くなる

ブレーカーについて

家庭でも大きな施設でも、必ずといってよいほど見かけられるのが、ブレーカーです。

ブレーカーは電気を使う施設なら導入されているもので、電流を制御するために重要な存在になります。

ブレーカーには種類があり、契約した電力量を超える電気が使われたときに反応して、電流を遮断する作用を持つものと、漏電が発覚した際に、直ちに電気の流れを止めるもの、それぞれの場所に電気を送る際に使われる回路ごとに設置されているブレーカーの3つです。

電気を使っていると突然ブレーカーが落ちるのは、これらの機能が発揮されているからです。

電気を無駄に使ってしまうのを防ぐ、安全を確保するために必要なブレーカーですが、最近では電子ブレーカーという新しいブレーカーが登場しています。

これは従来のブレーカーとは違って、本体に設定されている容量を超えるような電力量が発生しても、安全基準範囲内まで安全に、最大限に使えるよう制御できるようになります。

本来であれば安全を確保するために落ちるはずのものが、落ちなくなると本当に安全に利用できるのか不安になります。

しかし、信頼できるメーカーの電子ブレーカーを利用すれば、国の安全基準を満たした製造を行っていますし、電力会社の検査もクリアしていますので、問題なく使い続けることができます。

安全基準を満たしているわけですから、違法になる恐れもありません。

アンペア契約について

電気料金は電力会社が定める基準に従って、最適なものを選ぶようにしますが、適したものを選ばなければ無駄に電気料金が高くなったり、十分に電気を使えない事態になります。

電気料金の節約ポイントになるのがアンペアです。

アンペア契約において、少ないアンペアを選ぶことによって電気料金を安く抑えることが可能です。

しかし、少ないアンペアにすると使える電力量も少なく制限されてしまうため、使い勝手が悪くなります。

また、従来型のブレーカーのままでアンペア数の低い契約を結んでも、削減効果が期待できないこともあります。

制御する性能に問題があることから、あまり節約効果が望めなかったり、逆に電気料金が高くなることもあり得ます。

電子ブレーカーは従来型のブレーカーとは違い、制御する能力が高い特徴を持っています。

電気が流れる時間を正確に測定する力を持つ、CPUを内蔵しています。
正確に電流をはかれますから、効率よく電気料金の節約効果が発揮されるのがメリットです。

この電子ブレーカーを作っているメーカーは国内にいくつかありますが、業界一の販売実績を持つのが、株式会社ネオコーポレーションです。

参考:http://satokou-unit.com/

大阪府大阪市に本社を構えています。

その販売実績は平成29年8月現在において、累計13万台を突破したほどです。

提供している製品はネオコントロールシステムのN-EBシリーズです。

平成16年から販売を開始した製品で、10年を軽く超えるロングセラー商品として多くの支持を集めています。

N-EBシリーズは様々な業種から依頼を受けた実績があり、大手企業でも採用されています。

自社の営業力だけでなく、口コミで製品の評判が広がり、販売実績に繋がっていることも特徴的です。

電子ブレーカーのメリット

昔の大規模施設向けの電気料金は高く、負担の大きいものでした。

負荷設備契約による従来型の契約内容は設備の持つ電力の出力容量を基準としており、使っていない施設があってもその分の電気料金を支払う無駄がありました。

しかし、平成8年に導入された主開閉器契約が利用できるようになったおかげで、メインブレーカーのアンペア数に応じた電気料金の支払いが可能です。

一般家庭のような使い方ができるものの、従来型のブレーカーでは電流を制御する力が乏しいため、せっかく主開閉器契約を結んでもブレーカーが落ちるリスクが高いことから、契約アンペア数をなかなか下げにくいデメリットが生じます。

緻密に制御できる電子ブレーカーを利用すれば、この問題をクリアでき、主開閉器契約のメリットを活かしたアンペア契約ができるようになります。

N-EBシリーズは多くの支持を集めるほど性能の良いブレーカーで、調査結果を基に設置してくれますから、予定通りの電気コストの削減に繋げられます。

コスト削減の結果は電力会社の検針票を見れば、一目瞭然です。

電気料金が安くなると機械のパフォーマンスが下がるなどの問題が気になってきますが、N-EBシリーズに切り替えたからといってパフォーマンスが低下するようなことはありません。

従来通りに使い続けられますから、業務に支障をきたさずに済みます。

N-EBシリーズの保証期間は3年間です。

この間に何か発生しても、保証のおかげで費用を気にせずにトラブルの解決が可能です。

別にメンテナンス契約を結んでおけば、5年間の無償メンテナンスの権利が得られます。

導入コストがかからないのも魅力的です。

N-EBシリーズを設置することで得られた電気料金削減のメリットから、一部を支払う契約内容になっています。

東新住建は様々な住宅分野で活躍しています

東新住建について

東新住建は家を建築する、建設業の会社です。

しかし、建築している家は通常の家とは違い、日本で伐採された木材を、家の材料の中心としています。

現在、家の材料に使用されている木材のほとんどは輸入品です。

しかし、東新住建では日本の木材を中心に使用し、国内の森林資源の有効活用や、林業の活性化の役にも立っています。

商品ラインナップには、注文住宅や分譲住宅などがあり、幅広い種類の住宅を商品として扱っています。

注文住宅では太陽光発電設備を持った住居を建てることも可能であり、発電シェルターハウスオーダーと呼ばれています。

太陽光発電は、自宅で使う電力以上を生産すると、電力会社へ売却することができます。

売却した電力を家のローン返済などにあてることによって、経済的負担は小さくなります。

日光がよく当たる地方、九州や四国に住んでいる方には特に、効果的です。

建売、分譲住宅の分野でも、太陽光発電を取り入れており、購入者の経済的負担を軽減させています。

分乗ではまた、3階建ての住居や、マンション建築も行っています。

3階建ての住居では、土地の価格が高い都市部でも、大きな床面積を確保できます。

また、マンション建築では、庭や駐車場、ロフトも完備されたマンションを建築しており、高級マンション作りにも対応しています。

さまざまなマンションの種類

マンション建築の分野では、マンション経営したい人に向けて、数多くの種類の建物を用意しています。

一番基本となるベーシックタイプでは、2LDKの対応と、3LDKのタイプを揃えています。

ベーシックタイプは、一番基本となるものですが、キッチンや寝室も広く、クローゼットもついています。

さらに、独立した玄関や、専用の庭もあり、ユニットバスやウオッシュレット付きのトイレなど、通常のマンションよりも、非常に住みやすいものを提供しています。

大容量の太陽光パネルを搭載した、ネクサスというマンションは、ハイツのような形をとり、借家でありながら入居者は1階と2階部分を使え、通常の家のような生活ができます。

各家庭ごとに駐車場も完備されており、経営はしやすいものとなっています。

広いクローゼットが着いた独立している部屋が複数用意されているので、家族向けにも貸しやすいものです。

非常にシンプルなデザインのリミテッドというものも2階建てタイプで、2LDLタイプと3LDKタイプから選ぶことができます。

これもハイツタイプで、入居者は1階部分と2階部分を使用できます。

特に、3LDKタイプでは、独立した部屋が3つもあるので、構成人数が多い家族も対象にできる、効果的なマンション経営が可能です。

洗面台やユニットバスも揃っているので、入居者を集めやすい快適なものです。

また、シンプルモダンというスタイルのものでは、屋根が非常に大きく、大容量の太陽光パネルの搭載がされています。

経営者は、入居者からの家賃や共益費からだけではなく、太陽光パネルから発生した電力の売却からも、収入を得ることができます。

間取りも3LDKタイプが選べるので、家族連れの入居者も集うことができます。

そして、小さな土地でも戸建てに住みたい入居者を集めることができるように、戸建てタイプの賃貸物件の建築も、東新住建は行っています。

マンションやハイツの様に、隣の入居者と距離が近すぎるのを嫌う人は多く、戸建て物件には人気があります。

この物件は3LDKタイプが基本なので、子供をつれた家族にも貸し出すことができるので、経営がしやすいものです。

その他、40キロワットの太陽光パネルを搭載しているソーラータイプや、2LDKにロフトがプラスされたデュオタイプ、コンクリート製のALCモダンタイプなど、様々な賃貸物件の建築をし、賃貸物件の経営者と取引を行っています。

また、賃貸を経営した場合の収支シミュレーション、特定の地域の賃貸市場分析などを無料で行っているので、賃貸ビジネス初心者でも、安心して相談することができます。

アフターサービスも充実している

そして、東新住建は家や賃貸物件のアフターサービスやリフォーム工事も行っています。

家の構造は、企業によって変わることが多く、特殊な家の構造だと、修理業者やリフォーム業者では、工事が難しいところがあります。

建物を建築した企業がアフターサービスやリフォーム工事を手がけることによって、物件を購入した人は、安全に安価で建物をメンテナンスすることが可能になります。

また、単純な工事のやり方なら、東新住建のホームページ上で公開してありますので、それを見ることによって、自分で少しのメンテナンスなら可能です。

このように、東新住建は住宅に関わる、様々な分野を事業としています。

分譲住宅や注文住宅だけではなく、賃貸住宅の建設も手掛けており、1976年創業と、比較的歴史が長い企業であるにも関わらず、太陽光パネルなどの最新技術を取り入れています。

また、スポーツイベントのスポンサーなどの社会貢献も行っており、人が理想のライフスタイルを送れるように、手助けをしています。

家を建てるときに見ておきたい住宅展示場

マイホームを購入するならモデルハウスを見よう

自分の家を建てようとするという事は、大きな選択であるともいえます。

建ててしまってから後悔することがないように、きちんと洗濯し、自分の思いを反映した家を建てていくようにしたいものです。

しかし、これまで家を建てたことがあるという方はほとんどいないでしょうから、どういったものができるのか、どういった点を見ていけばよいのかという事はわかりにくいでしょう。

どのハウスメーカーに依頼するかという事を考えるときでも、その違いなどを把握しておくことが必要になりますが、パンフレットなどの情報だけでは判断しづらいというのが実情です。

やはり、実際にどのような家ができるのかを見ておくことは、後悔しない選択をするために必要なことだといえます。

そこで足を運んでおきたいのが住宅展示場です。

各メーカーのモデルハウスが集められているので、見比べていくことができます。

もちろん各社それぞれ単体でのモデルハウスというものもあるものですが、まとめてみていけるという事で比較しやすくなりますし、一日で多くのモデルハウスを見ていくことができます。

特に家というものは家族の人生にもかかわっていくものですから、家族全員で見ていきたいという事もあるでしょう。

そういった時に、お休みの日にみんなでまとめて身に行けるという事は大きなポイントとなってきます。

これから家を建てようという方は、ぜひ近くの住宅展示場へ足を運んでみましょう。

モデルハウスを見に行くということ

実際に見ることができるというだけではなく、パンフレットなどの資料もまとめて集めることができるので、効率的な情報収集が可能です。

また、家族で訪れてみるときに楽しいイベントなども開かれていることがあります。

大人は情報収集に熱心でも、お子さんは時に飽きてしまう事もあるものです。

こうしたイベントが開かれているという事であれば、お子さんも楽しめるでしょう。

実際にモデルハウスを見てみた時に、実際に自分の立てようとしている土地に入れるとしたらどうなるかを考えてみることも大切です。

モデルハウスは比較的大きなものが多いため、部屋数や広さなどが実際に建てられるものと変わってくることがありますので注意しましょう。

また、設備などはオプションで別料金になっているものがつけられていることもあります。

こだわりたい設備などは、こうしたものが基本のプランでついてくるものなのか、担当者などに質問しておくとよいでしょう。

こうした点に注意しながら見ていけると、効果的な情報収集ができるようになるはずです。

▶関連記事はこちら
クライアント紹介【東新住建株式会社 様】 | 日本唯一・ママ社長のシロアリ駆除工事【株式会社 アイ・エコアップ】ココロもカラダも喜ぶ暮らし・シロアリ対策~愛知県一宮市・名古屋市

建築家との出会いはどこにある?建築家それぞれの取り組み | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME’S PRESS】