中古物件の買取と販売を全国展開するマイランド

マイランドが確立させたビジネスモデル

通常、住宅などの不動産物件の売買は不動産会社が仲介することで、個人間において行われます。

仲介に入る不動産会社は物件の品質に関して責任を持つわけではなく、瑕疵担保責任は売主が負います。

これまでの仲介の方法は不動産会社が物件の品質に対してコミットしない方向が貫かれていました。

仲介により物件を購入した場合、購入者は自分でリフォーム等をする必要に迫られ、その手配に奔走することになります。

購入資金を借り入れる場合も、物件購入に関するローンとリフォームに関するローンの二つが必要となり、負担が増しました。

マイランドは従来の仲介方式ではなく、自社で買い取った物件をリフォームして販売するビジネスモデルを確立しました。

マイランドは住宅を売却したい人から直接物件を買い取ります。

一般の不動産会社では自社で買取をするケースもありましたが、資金力の大きな業者に限られ、一般的ではありませんでした。

中古物件を直接買い取って販売する手法はこれまでもありましたが、物件にフォームを施して品質を管理し、責任を持って販売する手法はこれまで見られませんでした。

買い取りも全ての物件を買い取るのではなく、厳格なチェックにより高い品質が確認された物件だけが対象となります。

そのために新たな購入者は安心して物件を購入することが可能です。

買取で注意してチェックしている耐震性

マイランドが買取で注意するチェック項目に耐震性があります。

既存住宅購入者を対象としたアンケートによると、購入者の多くは物件の耐震性を気にしています。

住宅の耐震性は専門家以外では良し悪しを判断するのが難しい場合がほとんどです。

専門家物件の買取時に耐震性をチェックすることで、購入者は物件の価値の中でも大きな要素となる耐震性に関して安心できます。

マンションなどの鉄筋コンクリート造の建物は、1981年6月に施行された新耐震設計基準によっています。

新耐震設計基準で建てられた建物は、その後の大地震でも大きな被害がほとんど報告されていません。

鉄筋コンクリート造と比較して、木造の耐震性は簡単に判断できないものです。

木造建築も1981年6月以降に建築確認申請を取得した物件に関しては新たな基準が適用されています。

それ以前は筋違い等を設置した耐震壁の量だけが規定されていましたが、新たな基準では耐震壁のバランスも考慮されています。

偏った耐震壁の設置はできなくなり、より耐震性が高められました。

木造建築はさらに、2000年にかけて補強金物関係の基準が整備され、現行基準となっています。

木造建築の耐震性は2000年以降に新たな基準で建てられた物に関して、現行建物の耐震性が確保されているといえます。

マイランドでは新築物件ではなく、中古物件に絞った販売を行っています。

日本では従来、住宅は新築するもので、中古物件の取引は盛んではありませんでした。

しかし、世帯数よりも住戸の数が多くなった現在においては、これまでのように新築住宅を建てるのは社会的に無駄なことです。

住宅建築の品質は年々向上しているので、かなり長い期間住むことができる品質となっています。

中古物件の取引を活性化することは資源の有効活用の点から推奨されるべきものです。

消費者の視点から見ても、購入価格の高い新築住宅よりも中古住宅のほうが求めやすく、特にお金持ちでなくても住宅の取得が可能となるメリットがあります。

買取の時点で物件の価値をチェックしている

マイランドは買取の時点で物件の価値をチェックします。

その内容は耐震性に留まらず、有害なアスベストの有無が内装材や外装材に使われていないかどうかや、外壁のひび割れ、水回りの状況を確認します。

さらに、建築基準法に適合した物件であるかどうかや近隣の環境に問題が無いかどうかもチェックされるので、新たな購入者は安心して中古物件を求めることができます。

中古物件をチェックするのは全国各地で採用された不動産のプロです。

現地採用の社員はそれぞれの地域の事情に詳しく、物件の状況を正確に把握できます。

他の地域から来た社員ではなく、現地採用の社員によるチェックは地域の実情を反映したものとなります。

マイランドにはリフォームを担当する部署があり、協力会社と共にリフォームを行ってから物件を販売します。

従来の仲介による中古物件の取引では、リフォームは売主が行う場合と買主が行う場合もありました。

残念なことに売主も買主も建築や不動産の専門家では無いので、的確なリフォームがなされないのが一般的でした。

リフォームは専門家が行うことにより、より的確な工事が可能となります。

特に水廻りは重要で、浴室やキッチン、洗面とトイレの設備機器を入れ替えるだけで、まったく新しい感じのする住宅ができあがります。

購入後のサポートも充実しています。

売りっぱなしでは無く、細かなところまで行き届いたサポートがなされるので、安心して住むことができます。

すみ始めてからのトラブルにも対応してくれる点は、新築住宅と変わりはありません。

従来の中古物件の概念を一新した販売方法により、消費者は新たな可能性を手に入れることができます。

電子ブレーカーへの交換で電気料金が安くなる

ブレーカーについて

家庭でも大きな施設でも、必ずといってよいほど見かけられるのが、ブレーカーです。

ブレーカーは電気を使う施設なら導入されているもので、電流を制御するために重要な存在になります。

ブレーカーには種類があり、契約した電力量を超える電気が使われたときに反応して、電流を遮断する作用を持つものと、漏電が発覚した際に、直ちに電気の流れを止めるもの、それぞれの場所に電気を送る際に使われる回路ごとに設置されているブレーカーの3つです。

電気を使っていると突然ブレーカーが落ちるのは、これらの機能が発揮されているからです。

電気を無駄に使ってしまうのを防ぐ、安全を確保するために必要なブレーカーですが、最近では電子ブレーカーという新しいブレーカーが登場しています。

これは従来のブレーカーとは違って、本体に設定されている容量を超えるような電力量が発生しても、安全基準範囲内まで安全に、最大限に使えるよう制御できるようになります。

本来であれば安全を確保するために落ちるはずのものが、落ちなくなると本当に安全に利用できるのか不安になります。

しかし、信頼できるメーカーの電子ブレーカーを利用すれば、国の安全基準を満たした製造を行っていますし、電力会社の検査もクリアしていますので、問題なく使い続けることができます。

安全基準を満たしているわけですから、違法になる恐れもありません。

アンペア契約について

電気料金は電力会社が定める基準に従って、最適なものを選ぶようにしますが、適したものを選ばなければ無駄に電気料金が高くなったり、十分に電気を使えない事態になります。

電気料金の節約ポイントになるのがアンペアです。

アンペア契約において、少ないアンペアを選ぶことによって電気料金を安く抑えることが可能です。

しかし、少ないアンペアにすると使える電力量も少なく制限されてしまうため、使い勝手が悪くなります。

また、従来型のブレーカーのままでアンペア数の低い契約を結んでも、削減効果が期待できないこともあります。

制御する性能に問題があることから、あまり節約効果が望めなかったり、逆に電気料金が高くなることもあり得ます。

電子ブレーカーは従来型のブレーカーとは違い、制御する能力が高い特徴を持っています。

電気が流れる時間を正確に測定する力を持つ、CPUを内蔵しています。
正確に電流をはかれますから、効率よく電気料金の節約効果が発揮されるのがメリットです。

この電子ブレーカーを作っているメーカーは国内にいくつかありますが、業界一の販売実績を持つのが、株式会社ネオコーポレーションです。

参考:http://satokou-unit.com/

大阪府大阪市に本社を構えています。

その販売実績は平成29年8月現在において、累計13万台を突破したほどです。

提供している製品はネオコントロールシステムのN-EBシリーズです。

平成16年から販売を開始した製品で、10年を軽く超えるロングセラー商品として多くの支持を集めています。

N-EBシリーズは様々な業種から依頼を受けた実績があり、大手企業でも採用されています。

自社の営業力だけでなく、口コミで製品の評判が広がり、販売実績に繋がっていることも特徴的です。

電子ブレーカーのメリット

昔の大規模施設向けの電気料金は高く、負担の大きいものでした。

負荷設備契約による従来型の契約内容は設備の持つ電力の出力容量を基準としており、使っていない施設があってもその分の電気料金を支払う無駄がありました。

しかし、平成8年に導入された主開閉器契約が利用できるようになったおかげで、メインブレーカーのアンペア数に応じた電気料金の支払いが可能です。

一般家庭のような使い方ができるものの、従来型のブレーカーでは電流を制御する力が乏しいため、せっかく主開閉器契約を結んでもブレーカーが落ちるリスクが高いことから、契約アンペア数をなかなか下げにくいデメリットが生じます。

緻密に制御できる電子ブレーカーを利用すれば、この問題をクリアでき、主開閉器契約のメリットを活かしたアンペア契約ができるようになります。

N-EBシリーズは多くの支持を集めるほど性能の良いブレーカーで、調査結果を基に設置してくれますから、予定通りの電気コストの削減に繋げられます。

コスト削減の結果は電力会社の検針票を見れば、一目瞭然です。

電気料金が安くなると機械のパフォーマンスが下がるなどの問題が気になってきますが、N-EBシリーズに切り替えたからといってパフォーマンスが低下するようなことはありません。

従来通りに使い続けられますから、業務に支障をきたさずに済みます。

N-EBシリーズの保証期間は3年間です。

この間に何か発生しても、保証のおかげで費用を気にせずにトラブルの解決が可能です。

別にメンテナンス契約を結んでおけば、5年間の無償メンテナンスの権利が得られます。

導入コストがかからないのも魅力的です。

N-EBシリーズを設置することで得られた電気料金削減のメリットから、一部を支払う契約内容になっています。

家を建てるときに見ておきたい住宅展示場

マイホームを購入するならモデルハウスを見よう

自分の家を建てようとするという事は、大きな選択であるともいえます。

建ててしまってから後悔することがないように、きちんと洗濯し、自分の思いを反映した家を建てていくようにしたいものです。

しかし、これまで家を建てたことがあるという方はほとんどいないでしょうから、どういったものができるのか、どういった点を見ていけばよいのかという事はわかりにくいでしょう。

どのハウスメーカーに依頼するかという事を考えるときでも、その違いなどを把握しておくことが必要になりますが、パンフレットなどの情報だけでは判断しづらいというのが実情です。

やはり、実際にどのような家ができるのかを見ておくことは、後悔しない選択をするために必要なことだといえます。

そこで足を運んでおきたいのが住宅展示場です。

各メーカーのモデルハウスが集められているので、見比べていくことができます。

もちろん各社それぞれ単体でのモデルハウスというものもあるものですが、まとめてみていけるという事で比較しやすくなりますし、一日で多くのモデルハウスを見ていくことができます。

特に家というものは家族の人生にもかかわっていくものですから、家族全員で見ていきたいという事もあるでしょう。

そういった時に、お休みの日にみんなでまとめて身に行けるという事は大きなポイントとなってきます。

これから家を建てようという方は、ぜひ近くの住宅展示場へ足を運んでみましょう。

モデルハウスを見に行くということ

実際に見ることができるというだけではなく、パンフレットなどの資料もまとめて集めることができるので、効率的な情報収集が可能です。

また、家族で訪れてみるときに楽しいイベントなども開かれていることがあります。

大人は情報収集に熱心でも、お子さんは時に飽きてしまう事もあるものです。

こうしたイベントが開かれているという事であれば、お子さんも楽しめるでしょう。

実際にモデルハウスを見てみた時に、実際に自分の立てようとしている土地に入れるとしたらどうなるかを考えてみることも大切です。

モデルハウスは比較的大きなものが多いため、部屋数や広さなどが実際に建てられるものと変わってくることがありますので注意しましょう。

また、設備などはオプションで別料金になっているものがつけられていることもあります。

こだわりたい設備などは、こうしたものが基本のプランでついてくるものなのか、担当者などに質問しておくとよいでしょう。

こうした点に注意しながら見ていけると、効果的な情報収集ができるようになるはずです。

▶関連記事はこちら
クライアント紹介【東新住建株式会社 様】 | 日本唯一・ママ社長のシロアリ駆除工事【株式会社 アイ・エコアップ】ココロもカラダも喜ぶ暮らし・シロアリ対策~愛知県一宮市・名古屋市

建築家との出会いはどこにある?建築家それぞれの取り組み | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME’S PRESS】

店舗型証券会社の魅力

◆証券会社のイメージ

証券会社と言いますと、株式や債券・投資信託などを購入する時に使用する会社というイメージがあると思います。

それから、今では多くのネット証券が台頭していて、安い手数料で株の売買などができるようになっていますから、大手証券販売会社の存在意義も低下してきているのではないかと思われる方も多いかもしれません。

つまり、ネットで買物ができるようになれば、リアル店舗であるスーパー・マーケットは必要なくなると考える人がいるように、ネットで証券を売買できるようになれば、リアル店舗を持つ証券会社も必要なくなるのではないかと考える人もいるわけです。

それでは、本当にリアル店舗を持つ証券会社というものは、必要がなくなってしまうのでしょうか。

確かに、ネットを使用して証券の売買取引をするというのは、非常に合理的ですし、それによって売買手数料が安くなるというのは、お客様にとっても非常にメリットのあることです。

ですから、多くの大手証券会社においては、ネットで株式の売買をすることのできるシステムを既に所有していますし、売買手数料も次第に安くなってきていると言えます。

でも、それでリアル店舗型の証券販売会社が必要なくなるのかと言いますと、そう簡単ではないと考えられます。

それでは、リアル店舗型の証券会社にはどのようなメリットがあるのかと言いますと、第一に、リアル店舗でのセミナーの開催という活用方法があります。

すなわち、大手証券会社の中には、毎日のようにセミナーを開催して、お客様に情報を提供しているところもあるわけです。

これによって、お客様のほうは、株式や債券・投資信託などに関する最新情報を手に入れることができますし、証券販売会社のほうは、株式や債券・投資信託などの販売促進につなげることができるわけです。

【店舗型証券会社の一覧】

◆ネット証券について

これに対して、ネット証券のほうは、Day Traderのような証券取引の専門家を相手にしているという前提にたっていますから、セミナーなどを開催して情報提供をするまでもないということになるわけですが、この方針ですとやはり顧客層を更に拡大することは難しくなってくると言えるのではないでしょうか。

それから、リアル店舗型証券販売会社の第二のメリットとしては、ビジネスの範囲を拡大しやすいという点があげられます。

実際に、大手のリアル店舗型証券販売会社においては、株式や債券・投資信託などの販売に限らず、保険商品の販売や、相続に関するコンサルティング、不動産の仲介までビジネスを拡げているところもあります。

すなわち、お金に関することであれば、全て面倒をみることができますというスタンスになっているわけです。

確かに、株式や債券・投資信託などを購入する人であれば、お金をたくさん持っているという人も多いでしょうから、保険商品を購入するという余裕もあるでしょうし、年をとってくれば遺産相続をどうするかという悩みもかかえることになるでしょう。

そして、お金持ちであれば、不動産も所有しているでしょうから、不動産の売買に関する需要もあることでしょう。

それから、お客様の証券などの金融資産額を把握することができれば、それを担保にして低利でお金を貸すという商売をすることもできるわけです。

これによって、会社側では、金利収入を得ることができるようになりますし、お客様の側では、株式相場が暴落して株価が割安となった時などに低利でお金を借りて、後でたくさん儲けることができるようになるわけです。

◆専門家を仲介することも可能

それから、大手のリアル店舗型証券販売会社であれば、税理士や弁護士といった専門家を仲介することもできるわけです。

ですから、お客様の側では、わざわざ税理士事務所や弁護士事務所を訪れる必要もなく、いつもの証券取引の延長という感じで、税理士や弁護士の専門的なサービスを受けることができるようになるということです。

それでは、このようにお金にまつわる色々なサービスをOne Stopで引き受けることによって、お客様にどのようなメリットが出てくるのかと言いますと、お客様の状況に応じた最適なソリューションを享受できるようになるということです。

すなわち、証券だけを扱っている会社であるならば、証券の売買に関するアドバイスしかできないわけですが、このように色々なサービスを提供するようになりますと、相続税対策のためにはこのような保険に入ったほうが良いですとか、タワーマンションを購入すれば相続税の節税対策になりますというような、総合的な金融ソリューションを提供することができるようになるわけです。

以上は、リアル店舗型証券販売会社のお金に関するサービスについての話でしたが、その他にもリアル店舗型証券販売会社では、食生活や運動など健康に関するセミナーを開催したり、趣味に関するセミナーを開催したりといったように、お金以外の事柄に対する知識を高め、啓蒙するいうような活動も行われています。

花のギフトを贈ろう

誰かにギフトを贈るという場合、相手に喜んでもらえるアイテム選びはとても難しいものです。

年齢や性別によっても違いがありますが、さらに人には趣味があることから好き嫌いも分かれるものです。

誰でもギフトをもらった時にはありがというというお礼の言葉を述べてしまうものですが、本当に喜んでもらえているのかは分かりません。

家に帰っても喜んで使ってもらえるギフトを選びたいのなら、フラワーギフトにしてみるといいでしょう。

花は、そこにあるだけでも華やかさを与えるものであり、無難でありながらも誰にでも喜んでもらえるギフトになります。

しかし、どのような形にしてギフトにするのかによっても喜んでもらえるかどうかが違ってきます。

 

■どんなフラワーギフトが喜ばれるか?

一般的なフラワーギフトとしては、花束が選ばれることが多いものです。

しかし、一人暮らしの人になれば自宅に花瓶がないという人もいたり、水を取り換えるという手間を掛けさせてしまうことになります。

アレンジメントであれば、カゴに入っているので花瓶を用意することがなく、カゴの中にはオアシスと呼ばれる吸水性のスポンジが入っているので、時々水を足してあげるだけで自然に水を吸い上げてくれるのでまめなお手入れの必要もありません。

けれども、植物のお世話が苦手という人になれば、植物をもらうということだけでも枯らしてしまわないか不安に思われてしまいます。

プリザーブドフラワーは、水の交換や水やりの必要が全くないフラワーギフトになります。

特殊な加工を施してあるので、水をあげなくてもしばらくは美しく咲き続けるものであり、置いたままにしておいても本物同様の美しさがあります。

作りものとなれば、無機質なイメージでギフトとしてはチープなものに見えてしまいますが、プリザーブドフラワーであれば見劣りすることもありません。

加工がされている分だけ高価なフラワーギフトとなってしまいますが、知っている人であればいいものをいただいたと喜ばれることになります。

 

また、加工の際には染色液を入れることもできるという特徴があり、新しい色味を出すこともできるのです。

そのために、花に興味がある人に贈るとしても、珍しい色味であれば喜んでもらうことができます。

プリザーブドフラワーは湿気を嫌うことになるので、湿度が高い気候でもある日本ではヨーロッパに比べてみれば維持できる期間が短くなってしまいがちです。

それでも、本物であれば一週間ほどしかもたないところを、一年近くも楽しむことができるギフトになります。

※「花 仕入れ 個人」より

食品のパッケージに求められる機能とは

食品パッケージについて

食品のパッケージには、食品を包むというものだけでなく、その商品を宣伝する意味合い、そして、何が含まれているのかを表示する義務などがあります。

基本的な働きとして、中のものを守るというのが大前提となります。

何かに接触して商品が傷つかないようにすること、外部の臭いが染み付かないようにすること、水分や湿気から守ることはもちろんのこと、子供などのいたずら、細菌、酸化や腐食といったものから守らなければなりません。

それでいてパッケージには情報提供というものも課せられています。

食品の表示に関しては数多くの法律で定められており、その法律に沿った形で行っていかなければなりません。

それでいながら、商品の良さをパッケージでアピールしていくことが求められ、これらすべてを兼ねたものでないといけません。

例えば、パッケージに欠陥があると食中毒の原因になることもあります。

この場合は欠陥を生じさせたということでPL法、製造物責任法が適用されます。

製造工程

実際に食品パッケージを作る場合、まずは中身の食品に見合った形のものにしていくことが求められます。

パンのようなものを缶詰にするのは非常食以外ではあまり見られず、たいていは袋状のものに入れられるか、ラップで包まれる形が一般的です。

近年ではペットボトルに入れられたお酒なども登場していますが、たいていはビン、もしくは缶などに詰めて売られます。

他にはサイズや形状、1つずつに包装をするのかどうかなどを決めていきます。

その後、必要特性を把握する作業が入ります。

例えば、スナック菓子の場合、湿気があるとおいしさが半減し、カビの原因にもなります。

そのため、包装では防湿性、密封性が伴うものでなければなりません。

一方レトルトカレーなどの場合は、光を遮る遮光性、耐熱性、強靭性、耐水性などが必要となります。

このように、食品を守るだけでなく、それをおいしく食べるためにはどのような特性を包装に持たせるかということも大事です。

これらの特性に応じて使うフィルムも変えられていき、実際に表記されることになります。

パッケージの役割

ただ、商品を守るだけでは不十分とも言われているのがパッケージです。

厳重に包装をすれば当然ながら安全性は確保できますが、その分、ゴミが発生し、地球環境にとってはマイナスになります。

また、コスト面でかなり高くなり、商品の値段にも反映されてしまいます。

そして、実際にそれを利用する人、食べる人にとってはマイナスな状況になってしまっては意味がありません。

これらのことはどれかが突出していてもダメです。
地球環境にいい包装というのはありますが、コスト面でかなり高いケースが多く、だれも利用しないということがあります。

かといって、コスト面で相当安い包装というのは安全性にも問題があります。

実際に利用する人にとってわかりやすいものは消費者にとってはいいものの、やはりコストや地球環境、安全性に影響することがあります。

これらの要素がバランスよくなっているものがすばらしい包装であり、そうしたものが求められています。

様々なニーズに対応

特に最近は食生活において、安全に食べることができ、誰でも簡単に扱えることのできるものかが問われています。

電子レンジにかければ済むような商品などが人気となっており、わかりやすさを追い求めながら、誤って電子レンジにかけてしまったとしてもフィルムに有毒性のないものを使っているため安心して食べられるものなどでなければ、消費者のウケはよくありません。

そして、ライフスタイルが多様化し、1人で暮らす人向けのもの、既に調理済みのもの、大きな包装になっているものなど、ニーズも異なっています。

それぞれに合わせた形で包装をすることが求められています。

近年ではコストを削減しつつも安全性を高めるために、包装にも工夫がなされているものが多く、包装の信用性が現代社会を支えています。

単に包んでくれているものではなく、安全性、信用性などを見るうえで大事な要素となっています。

産地偽装などを見破るのは包装に表記されたものが合っているかどうかで判断し、主婦が賞味期限を判断できるよう、表示方法の改善が行われています。

もちろん、見栄えを良くする効果もあり、包装を変えただけで売れ行きが大きく変わることもあります。

どれか1つを突出させればどれかに影響を与えることから、どの項目においても水準を高めることが求められます。

昭和47年に適正包装7原則というものが定められましたが、そこにはもう省資源であり、廃棄処理上適当であることということが含まれています。

パンを購入する際、ラップで包まれたパンがビニールの中に入っていることはまずありません。

それだけでゴミが相当出るからです。

いかにゴミを出さず、それでいていかに商品を守るのか、そしてコストをいかに下げて、地球環境にも優しいものにしていくか、商品の製造以上に包装に頭を悩ませるメーカーも多いのが実情です。

※参考
リサイクルで社会変革、テラサイクルCEO
朋和産業株式会社について